タグ:神代植物公園 ( 17 ) タグの人気記事


2017年 03月 06日

観梅人

b0171396_20515931.jpg
b0171396_20515148.jpg
Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

見頃を迎えた暖かい休日の午後、やはり多くの人が梅を観に来ていました。
花に吸い寄せられるのは虫や鳥だけではなさそうです。

[PR]

by bernardbuffet | 2017-03-06 20:54 | EF100mm F2.8Lマクロ IS | Comments(4)
2017年 03月 03日

梅4点

b0171396_22225993.jpg
b0171396_22225359.jpg
b0171396_22230512.jpg
b0171396_22231531.jpg
Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

今年4度目の神代植物公園。
少し時間が空いたときに行って帰ってこられる便利さに背中を押されて回数が増えました。
それと、今年は咲き始めからピークまで一通り撮っておこうという狙いもありました。
4回目にちなみ4枚upします。



[PR]

by bernardbuffet | 2017-03-03 22:28 | EF100mm F2.8Lマクロ IS | Comments(10)
2017年 03月 02日

観梅

b0171396_20264121.jpg
Canon EOS 5DMarkⅡ/ Distagon T* 2.8/21 ZE
b0171396_20263429.jpg
Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

今年4回目の神代植物公園。
梅はややピークを過ぎていました。
やはり今年は早かったようです。
今回は100mmマクロとdistagon21mmの2本。
distagonは年に1回か2回くらいしか使わないので練習を兼ねて持ち出しました。


[PR]

by bernardbuffet | 2017-03-02 20:34 | Distagon T* 2.8/21 Z | Comments(2)
2017年 02月 16日

孤梅・梅叢

b0171396_20402374.jpg
b0171396_20403138.jpg
Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

晴天下、満開を迎えようとする梅に巡り合えた幸運!
三度目の正直の云いではありませんが、3回通った甲斐がありました。
ひとつぽつんと咲いた花と寄り添う花叢の2枚です。

[PR]

by bernardbuffet | 2017-02-16 20:47 | EF100mm F2.8Lマクロ IS | Comments(4)
2017年 02月 14日

白梅

b0171396_20261177.jpg
b0171396_20261875.jpg
Canon EOS 5DMarkⅡ/ Distagon T* 2/35 ZE

白梅の大木のカットを2つ。
木によってはかなり咲き進んだものもあって青空とのコントラストが見事でした。
撮影はいずれもDistagon 35mm F2。PLフィルターを使っています。

ZEISSのレンズはシャープさに加えて色のりの良さ、コントラストの鮮やかさが好きです。
特にこの35mmはF5.6くらいに少し絞った時の描写にとても魅力を感じます。


[PR]

by bernardbuffet | 2017-02-14 20:40 | Distagon T* 2/35 ZE | Comments(6)
2017年 02月 13日

マンサク

b0171396_21054565.jpg
Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

マンサクが満開でした。
自宅近くにも赤いマンサクの生垣がありますが、黄色はやはり印象的です。
これだけ見事に咲き揃うと「春」を感じます。

マンサクの花というと思い出すのが丸山薫の詩。
詩集「北国」に編まれている「白い自由画」という一編です。
文学には縁遠い人生ですが、中学時代に何かの折でこの詩に出会いました。
さして強い印象を持ったわけでもなくほどなく記憶から消え去りましたが、ずっと後になってマンサクという花を知り、これが北国にとって春を知らせる花だと聞くにおよび、件の詩の一節が忘却の淵から鮮やかに蘇りました。
 「ああ まんさくの花が咲いた」と
  子供たちはよろこぶのだ
それ以来、その特徴的な形とともに、マンサクという花が鮮明に記憶の一角を占めるようになりました





[PR]

by bernardbuffet | 2017-02-13 21:29 | EF100mm F2.8Lマクロ IS | Comments(5)
2017年 02月 12日

白梅

b0171396_21261569.jpg
Canon EOS 5DMarkⅡ/ Distagon T* 2/35 ZE
b0171396_21262645.jpg
Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

今年三回目の神代植物公園。
自宅から車で30分弱なので、時間が空いたときにふらっと出かけられます。
朝から青空が広がり、現地では梅まつり開催との情報。
今年は開花が早かったのに、このところの寒波で幾分捗が滞ったか?
全体的にはまだ五分咲き程度の状態でしたが、木によっては満開を迎えたものもありました。


[PR]

by bernardbuffet | 2017-02-12 21:36 | EF100mm F2.8Lマクロ IS | Comments(8)
2017年 02月 10日

蘭舞

b0171396_20544971.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1/ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

乱舞ならぬ蘭舞。
蘭の花が舞っているようでした。

[PR]

by bernardbuffet | 2017-02-10 20:57 | M.Z 60mm F2.8 Macro | Comments(8)
2017年 02月 07日

evil ways

b0171396_21020269.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1/ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

<evil ways:邪道>

ファンタジックフォーカスで加工。
以前は写真を後でいじるのは邪道だと思っていましたが、最近はアートフィルターも時々使ってみるようになりました。
基本的には、実体をそのまま写し取るのが本道だと(今でも)思いますが、たまには変化球もありかもしれません。
フィルムにしても彩度を上げる発色をするものがあったり、現像過程で銀残し(ブリーチバイパス)したり、あるいはソフトフォーカスレンズでとったり、さらに言えば長時間露光で車のヘッドライトの軌跡を写したり、つまりは色々細工をして写真画像が出来上がっているのが実態です。であれば、イメージセンサーに投影された像をさまざまに加工するのもある意味写真を撮る(あるいは写真を作る)プロセスのひとつと言えそうです。
まぁ、失敗作をいじくりまわして奇をてらった(あるいは目先を変えて誤魔化した)画像にするのはいささか筋違いかもしれませんが、写真展を見ると、結構手を加えた作品が多いのも事実です。

ところでここにupした写真はひょっとして目先を変えた失敗作? (汗)





[PR]

by bernardbuffet | 2017-02-07 21:23 | M.Z 60mm F2.8 Macro | Comments(8)
2017年 02月 05日

椿

b0171396_13362749.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1/ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

木偏に春と書いて椿。
節分の夜が明けて暦は立春。


[PR]

by bernardbuffet | 2017-02-05 13:40 | M.Z 60mm F2.8 Macro | Comments(4)