casual-scene

casualscen.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 12日

水門

b0171396_21521074.jpg

Canon EOS 50D/ EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

豊洲と月島の間にある水門です。右手奥に佃島のリバー・シティが見えます。
水門に「高潮から都民の生命・財産を守る」と書いてあります。このあたりは海抜ゼロメートル地帯なのですね。ツバル、モルジブ、バングラディッシュでは温暖化の影響で潮位が上がり水没の危機が迫っていると報道されていました。少し前、さかんに見聞きしたニュースですが、最近はあまり目にしなくなりました。この水門にも一言書き加えてはいかがでしょうか。
「高潮の被害を軽減するため温暖化対策にまじめに取り組みましょう」
[PR]

# by bernardbuffet | 2009-05-12 22:00 | EF-S10-22mm F3.5-4.5 | Comments(0)
2009年 05月 12日

丸ビル

b0171396_095816.jpg
 
Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF24-105mm F4L IS USM

丸ビル内部です。天使と悪魔のプロモーションをやっています。どうもこの映画、Berniniの彫刻が絡んでいるらしいのです。
Berniniは私のとても好きな彫刻家。

私はイタリアBaroque美術はあまり好きではありません。反宗教改革のプロパガンダ的な作為を感じるからです。イタリアを出てプロテスタント圏に伝搬したBaroqueは宗教色を薄め、光の効果、ダイナミックな構図という表現技法としての鮮明な特質を活かしながら風俗画などの新ジャンルに発展していきます。これはおもしろいのですが、どうも本家イタリアものは野暮ったい。そんなイタリアバロックにあって、Berniniは荒野に咲いた一輪の花のような清楚さと品格を備えています。彼はイタリアバロックという枠を超えて美術史に残る類い希な天才彫刻家です。強いてあげれば、Berniniと比肩しうる彫刻家はミケランジェロだけではないでしょうか。ボルゲーセの「アポロンとダフネ」とバチカンの「ピエタ」は一度見たら生涯忘れることのできない永遠の感動を与えてくれる奇跡のような彫刻だと思います。
[PR]

# by bernardbuffet | 2009-05-12 00:41 | EF24-105mm F4L IS US | Comments(0)
2009年 05月 10日

松本楼

b0171396_23194199.jpg

Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF24-105mm F4L IS USM

日比谷公園の松本楼。青い空、緑深まる木々、出窓の飾り花。全て光に包まれています。
[PR]

# by bernardbuffet | 2009-05-10 23:21 | EF24-105mm F4L IS US | Comments(2)
2009年 05月 10日

b0171396_23155892.jpg
 
Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF100mm F2.8 マクロ USM

学校の前の樹木。梢に光が当たり明るくなっていました。
[PR]

# by bernardbuffet | 2009-05-10 23:18 | EF100mm F2.8 マクロ USM | Comments(0)
2009年 05月 10日

SYMMETRY

b0171396_21323336.jpg
 
Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF24-105mm F4L IS USM

丸の内のboutique。室内のディスプレイも扉もショーウインドウも左右対称。扉の上のマークも左右対称。エントランスのタイルのpattern、boutique内部の床の模様、正面奥の棚の区画、これらは全て四角形。ショウウインドウの上部の模様、これはEscherの絵の入れ子のパタンのように、下方をテーマと見た時の形と上方をテーマと見た形が互いに相似形。さらに、この上方の模様の内部にあるステンシルのパタンもよく見ると何となく相似形。
[PR]

# by bernardbuffet | 2009-05-10 21:41 | EF24-105mm F4L IS US | Comments(0)
2009年 05月 10日

和田倉噴水公園から見た丸の内のビル

b0171396_2127590.jpg
 
Canon EOS 50D/ EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS

和田倉噴水公園から見た丸の内のビル。木の葉がだんだん濃くなってきています。梅雨の頃までには葉の隙間がなくなり、背後のビルを透かして見ることができなくなることでしょう。
[PR]

# by bernardbuffet | 2009-05-10 21:29 | EF-S18-200mm F3.5-5. | Comments(0)
2009年 05月 10日

Twilight Walk  豊洲~月島(2)

晴海のビルに光を遮られたマンションはだんだん闇に沈んでいく。
b0171396_179216.jpg
 

晴海橋にさしかかる頃、雲の切れ目を見つけた太陽は一瞬輝きをまし、
b0171396_17161441.jpg


反対側のビルを束の間の輝きで染め上げる。
b0171396_17174812.jpg


橋を渡って月島に向かう道の途中で、いよいよ陽は沈み、街灯に火が点る。
b0171396_17213390.jpg


晴海と月島をつなぐ橋の上、陽はすでになく、残照の鈍い光があたりを優しく包む。
b0171396_17241915.jpg


東京メトロ月島駅の手前、聖路加タワーがTwilightに浮かび、窓から漏れる光がだんだん暗がりを支配し始める。
b0171396_17273312.jpg

[PR]

# by bernardbuffet | 2009-05-10 17:28 | EF24-105mm F4L IS US | Comments(0)
2009年 05月 10日

Twilight Walk  豊洲~月島(1)

ララポートに夕暮れが迫り
b0171396_16534416.jpg
 

やがて晴海方面が輝き始める。
b0171396_16543222.jpg
 

ほどなくララポート界隈は陰になって、巨大なスクリューも先端部を除いてシルエットとなる。
b0171396_16582163.jpg
 

ウオータフロントに立つマンション群もモノクロームの世界に誘われるが、空にはまだ光が残る。
b0171396_1703779.jpg


いよいよ陽は晴海の背後に隠れ、ビル群からもだんだん色彩が消えてゆく。
b0171396_173322.jpg

[PR]

# by bernardbuffet | 2009-05-10 17:03 | EF24-105mm F4L IS US | Comments(0)