2017年 01月 28日

街の表情

b0171396_19424045.jpg
LUMIX GX7/ LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.

都議会議事堂。
議事堂前に半円形の広場があり、建物自体もそれに従って曲線を描いています。
そのため、時間帯により光の当たる場所が円を描いて動き、表情も変化します。

[PR]

by bernardbuffet | 2017-01-28 19:50 | LUMIX G 42.5mm F1.7 | Comments(6)
Commented by smashige at 2017-01-28 20:43
このように見ると、美しい造形ですね。
こんなの考えて作り出す人って、やっぱり天才だなあ。。
Commented by umi_bari at 2017-01-29 07:48
副都心にUFO襲来、なんてね。
都会の光と影にバグースです。
Commented by bernardbuffet at 2017-01-29 23:10
>smashigeさん
どれも同じように見える無機質なビルですが、ビルそれぞれに表情があり、意匠があり、意外に見て楽しめますよ。
Commented by bernardbuffet at 2017-01-29 23:12
>arakさん
成程、確かにUFOですね!
曲面を持つ建物は光の当たり具合による変化を楽しめます。
Commented by toshipho4 at 2017-02-01 12:52
こんにちは。
なるほど!曲体に当たる光って面白いかも。
これからちょっと意識してみようと思います。
Commented by bernardbuffet at 2017-02-01 20:17
>Toshiさん
そうなんですよ。
平面に当たる光は一律明るいか暗いかで周囲と明確なコントラストを作りますが、局面に当たる光はカーブに従って明るさが変わり、まわりに気遣っているようでもあります。まるでサラリーマンのように(笑)


<< 冬木立      蘭 >>