casual-scene

casualscen.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 20日

Red tube

b0171396_20384445.jpg
RICOR GR

江戸東京博物館。
ポンピドーセンターほどではありませんが、少しエキセントリックな意匠がさりげなく施されています。この「さりげなく」というところが「江戸」の「粋」なのでしょうね。

[PR]

by bernardbuffet | 2016-01-20 20:42 | RICOH GR | Comments(6)
Commented by a-ki_la at 2016-01-20 21:33
人の添景もナイスタイミングですね~
このエスカレーターチューブのアクセントはカッコいいとは思うのですが...
両国のそれも江戸博でこれ、の意味が分かりません。
大した窓もなく、あのように底上げした意図も分かりませんし。
見通しが悪くなり、国技館の美しさも損なってしまってますし。
六本木やベイエリアでだったら似合ったでしょうね。
辛口、失礼しましたm(_ _)m
Commented by toshipho3 at 2016-01-21 08:09
こんにちは。
赤が印象的ですね。
更にはチューブ状って都会ならではですね。
長野では有り得ないです。
Commented by bernardbuffet at 2016-01-21 22:28
>a-ki_laさん
これ、菊竹清訓の晩年の作品です。
有名な彼の建築として、九段下にある昭和館は見たことがあるかもしれませんね。
底上げの意味も分からないし、周囲の景観に障っているとの指摘もその通りかも。
最初見たときは違和感ばかりでしたが、何度もいくにつれ、こちらの感覚がマヒして慣れてきました(笑)。
Commented by bernardbuffet at 2016-01-21 22:30
>Toshiさん
ここだけ赤というのが何やら曰くありげでついつい視線が誘われてしまいます。
チューブ状のエスカレータは記事にも書きましたがポンピドーもそうだったように記憶しています。
Commented by keikansan at 2016-01-24 07:00
江戸東京博物館はいまだに足を運んだことはありませんが、建物そのものが高床式のようなちょっと変わった建物なんですね。
こういう構図の写真も撮ってみたいと思うのですが、染みついた癖はなかなか抜けませんね。(苦笑)
Commented by bernardbuffet at 2016-01-24 09:27
>keikansanさん
高床式といえば、菊竹清訓の初期のスカイハウスも高床式でした。


<< 空の形      雪景色 >>