2015年 08月 26日

金沢城

b0171396_20315576.jpg

SONY NEX-6/ Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

金沢城。
加賀百万石、前田家の城です。
復建された城ですが、戦国時代が終焉し領主の居城として建造された平城ゆえ、白壁を巡らした佇まいの優雅さには心和むものがあります。
[PR]

by bernardbuffet | 2015-08-26 20:40 | V-Tesser T*E16-70F4 | Comments(6)
Commented by a-ki_la at 2015-08-26 22:56
なるほど。だからあまり物々しさがないのですね。
三階層目がなかったら、なんとなく集合住宅っぽい佇まい。
北陸の夏、日中は東京並みに暑いのだと想像しています。
Commented by toshipho3 at 2015-08-28 12:47
こんにちは。
金沢城、私はたまたま復建された年に行きました。
もう10年近く前でしょうか?
もう記憶に殆ど有りません(^_^;)
少し前までは長男の大会(北信越大会等)が北陸方面でも行われていたのでちょくちょく行きましたが、ここしばらくは全く。
また行きたいです。
Commented by arak_okano at 2015-08-28 18:26
ありゃ、建ったのですね、以前は小さな櫓があっただけのような気がします。北陸新幹線で賑やかになりますね、バグースです。
Commented by bernardbuffet at 2015-08-28 20:29
>a-ki_laさん
北陸は夏暑く冬寒いそうですよ(当たり前か)。
戦国時代の山城は精悍で引き締まった感じがしますが、江戸期の平城は邸宅という感じで緊張感に欠ける気がしています。
Commented by bernardbuffet at 2015-08-28 20:30
>Toshiさん
なるほど、北信越と括られるのですね!
Commented by bernardbuffet at 2015-08-28 20:33
>arakさん
新幹線で北陸地方も賑わいを増しそうです。
因みに私は東京から金沢まで新幹線に乗ったのですが、満席。
しかし、満席なのは大宮から富山の間で、季節がらか、富山(立山)観光に人が流れていたようです。で、富山-金沢間は思いのほか乗客がまばらでした。


<< Open air      東茶屋 >>