2009年 06月 22日

水芭蕉

b0171396_2041773.jpg

Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF70-200mm F4L IS USM

尾瀬に行ってきました。と言いたいところですが、新宿MYlordのモザイク通りで撮影しました。
 夏が来れば思い出す、はるかな尾瀬遠い空・・・・
昔、会社の同僚と尾瀬に入り、鳩待峠から大清水まで一泊二日で湿原を横断したことがありました。
もっと気軽な場所かと思っていたのにかなりアクセスのタフな場所だという記憶が残っています。江間章子の詩に中田喜直が曲をつけた件の歌がしみじみと実感されました。なるほど「遙かな」尾瀬だと・・・・・。その後尾瀬には足を踏み入れておらず、時間的にも遙かな存在になってしまいました。当時CANONのAE-1を持っており、CANONの50mm、135mmの他にTAMRONの24mmを担いで行ったような気がします。湿原に作られた木の道に腹ばいになり逆光で撮った水芭蕉の花が記念すべき私の「花写真」第一号でした。以来、旅行に行ってはそこで見つけた花を意識して撮影するようになり、やがて旅行が運動不足解消のための散歩に趣旨を変えても、往時の性癖が散歩の道すがら花を探す習慣に転じて今に至っているようです。
[PR]

by bernardbuffet | 2009-06-22 21:00 | EF70-200mm F4L IS US | Comments(6)
Commented by smashige at 2009-06-22 21:53
尾瀬ですか。僕も一度行ってみたいです。
遙かな尾瀬、ですか。それを実感されたというのは、うらやましいことです。
私が尾瀬に行ったら、多分下りてこられなくなるんじゃないですかね?だって、歩き慣れた家の近くの散歩だけでいろんな鳥や植物で楽しんで、数時間は帰ってこないですからね。。汗
Commented by bernardbuffet at 2009-06-23 07:37
smashigeさんおはようございます。
確かにカメラを持って歩いていると時間の経つのが早いですね。
Commented by Toshi at 2009-06-23 12:54 x
こんにちは。
旅行先でも散歩ですか。
金沢の景色でもそうですが、散歩することでなかなか目にしない景色や瞬間を見ることが出来るのでしょうね。
今の私は旅行と言えば家族旅行、家族でと言えば何かしらの遊べるポイントを事前に検討してそこに向かう。
それはそれでいいのですが、散歩でしか見れないものを逃しているのは残念な気がしてきました。
Commented by bernardbuffet at 2009-06-23 21:42
Toshiさんの気持ち分かりますよ。まぁ仕方ないですね。その分子供の写真でも撮ってやってくださいな。
Commented by legato22 at 2009-06-23 22:22
水芭蕉はカタクリとともに私の憧れの花です。
いつか撮ってみたいと願ってますが、こちらではなかなか難しいようです。
尾瀬に出かけてみたいですね。
Commented by bernardbuffet at 2009-06-23 22:44
legato22さんこんばんは。まさに遙かな尾瀬ですね。


<< カタバミ      樹幹 >>