2009年 06月 09日

提灯

b0171396_23215075.jpg

Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF24-105mm F4L IS USM

路地奥の店の軒下の提灯が目立つ頃合となりました。そぞろに心引かれ、格子戸を引いて店の中に誘われそうです。間口一間、奥行き二間。白木のカウンタの奥に女将がいて、後手の棚には吟味して選ばれた地酒の名品が慎ましやかに並び、中振りの鉢皿には季節の野菜の白仕立ての煮しめが客を待ち・・・、そんな空想が迫りくる夕闇のしじまの中に駆け巡ります。
[PR]

by bernardbuffet | 2009-06-09 23:31 | EF24-105mm F4L IS US | Comments(3)
Commented by smashige at 2009-06-10 22:01
光がきれいですねー。
Commented by Toshi at 2009-06-11 20:25 x
こんばんは。
↑↓町の雰囲気がいいですね。
それぞれの灯りが町の雰囲気を表現していますね。
Commented by bernardbuffet at 2009-06-11 22:10
shmashigeさんToshiさんこんばんは。
太陽の光が十分で無いときでも、人工の光が結構満ちあふれていて、最近のデジカメは高感度だから、思った以上に写真が撮れるんですよね。銀塩時代にはとても考えられなかったことです。


<< 夕昏雲      行灯 >>