2009年 05月 12日

丸ビル

b0171396_095816.jpg
 
Canon EOS 5DMarkⅡ/ EF24-105mm F4L IS USM

丸ビル内部です。天使と悪魔のプロモーションをやっています。どうもこの映画、Berniniの彫刻が絡んでいるらしいのです。
Berniniは私のとても好きな彫刻家。

私はイタリアBaroque美術はあまり好きではありません。反宗教改革のプロパガンダ的な作為を感じるからです。イタリアを出てプロテスタント圏に伝搬したBaroqueは宗教色を薄め、光の効果、ダイナミックな構図という表現技法としての鮮明な特質を活かしながら風俗画などの新ジャンルに発展していきます。これはおもしろいのですが、どうも本家イタリアものは野暮ったい。そんなイタリアバロックにあって、Berniniは荒野に咲いた一輪の花のような清楚さと品格を備えています。彼はイタリアバロックという枠を超えて美術史に残る類い希な天才彫刻家です。強いてあげれば、Berniniと比肩しうる彫刻家はミケランジェロだけではないでしょうか。ボルゲーセの「アポロンとダフネ」とバチカンの「ピエタ」は一度見たら生涯忘れることのできない永遠の感動を与えてくれる奇跡のような彫刻だと思います。
[PR]

by bernardbuffet | 2009-05-12 00:41 | EF24-105mm F4L IS US | Comments(0)


<< 水門      松本楼 >>